指導方針

スイミングの活動方針

エル・アテインスイミングクール彦根は
・早期泳法習得 ~小学校3年生までに4泳法習得を目指します~
・子供の健全な育成 ~心の成長と社会性を養います~
・コミュニケーションの強化 ~保護者・お子様・コーチ間のコニュニケーションを大切にしています~
をモットーにしています。

わたし達は『水』の中から生まれました。

地球に存在するすべての生命の源は、『海』つまりは『水』です。 気の遠くなるような長い地球の歴史の中、海は、多くの生命を創造してきました。
地球の歴史46億年の中、生命は、36億年の間、『海』の中だけで生きてきたのです。 陸上生物においても、生命の形成成分に海水の組織を見ることができるのだそうです。 わたし達が住む地球、地表の70%は海で覆われています。生命が海から誕生したようにわたし達も母親の胎内の海から誕生しました。
ですから『人』と『水』は切っても切れないつながりがあるのです。
人が水に帰る場所、それが『スイミングスクール』なのです。

『泳ぎ』という技術を習得する。

動物と違い人間は本来学習しないと泳ぐことが出来ません。
『泳ぎ』は『技術』です。習得しなければ得ることが出来ません。では、「泳げる」といえるのは一体どの程度の内容を意味するのでしょうか?息を止めて目をつぶって5m、10mバタバタで進んだとしても一応泳いだことには違いありません。一般的には、25mプールの端から端まで行って初めて「泳げる」といわれているようです。
我流で一応「泳げる」と言う大人がスイミングスクールに通っている子供に簡単に追い越されるのは、「泳ぎ」という「技術」を習得したかしていないかの違いなのです。
水という媒体の中で陸上と違う呼吸法を習得し自由自在にカラダを動かし速く進む。
そんな技術を習得する場所が『スイミングスクール』なのです。

水の事故に遭わないために。

皆さんも家族のレジャー等で海などに行くことが多いと思います。夏になると全国各地から残念な水の事故のニュースが届きます。人が安全を確保する為に必要な泳力は200mとされています。皆さんの周りに200m泳げる方は何人いるでしょうか?高校生の場合それだけ泳げるのは男子で50%。女子にいたっては20%という数字があります。幼児期~小学生に適切な泳法指導を受けることで必要な200mの泳力を身につけることができます。
悲惨な水の事故に遭わないためにも、水と共存共栄していく為の知恵や技術(泳法)を習得するにはスイミングスクールが最適です。

集団行動を通じて子供の心の発育を。

他人の気持ちや痛みの分からない子供によるやいじめの問題など・・・スイミングスクールでの集団行動を通じて子供の健全な心の発育を促します。
楽しく 早く 手厚く 4泳法早期習得をサポートする
「アテイン水泳プログラム」
1- 担任コーチ制
得意・不得意など、子どもたち一人ひとりを継続的かつ詳細に把握。
級にかかわらず長期的に担当コーチが一貫責任指導するシステムです。
2- 個別指導
プールに行くのが楽しい!
お子様お一人おひとりに寄り添って、その子に合った指導を行い、大きな達成感が得られる指導です。
3- 子供の自立/保護者さまとの連携
着衣泳講習やヘルパー(補助具)頼らぬ指導で、自分の生命を自分で守れるお子様に。
水泳手帳など保護者さまとの緊密な連携によって、理想の成長支援を実現します。
Page Top
ご連絡先
TEL:0749-22-5051
  • エル・スポーツ彦根
  • PHIピラティススタジオCalm 彦根
  • エル・スポーツ彦根ダンススクール